タクシー利用者の方へ

タクシーの料金シミュレーション 実際の料金に一番近い検索サイトは?

投稿日:2018年11月9日 更新日:

こんな方におすすめ

  • タクシーの料金を事前にシミュレーションしたい
  • 実際のタクシー料金に一番近い料金検索サイトを知りたい
  • 上記について、現役タクシードライバーの意見を聞きたい

どうも、東京のタクシードライバーです。

 

タクシーの料金をシミュレーションするための検索サイトがありますが、

シミュレーション結果が実際の料金とは異なる場合があります。

実際の料金と異なるとはいえ、限りなく近い料金を事前に把握しておきたい。

そこで、現役タクシードライバーの私が、複数の検索サイトを利用し、実際の料金に一番近いと思われるオススメの検索サイトを選びました。

 

 

 

 

結論:ジャパンタクシー(旧全国タクシー)

では、どの検索サイトが実際のタクシー料金に一番近いのか。

結論を先に言います。ジャパンタクシーです。

 

 

・タクシー料金検索 - JapanTaxi(ジャパンタクシー|旧:全国タクシー)

 

 

トヨタの新型タクシーのジャパンタクシーではありません。

配車アプリのジャパンタクシーの料金検索サイトです。

 

実際のタクシー料金に一番近い理由

 

理由① 時間による運賃を考慮している

私がジャパンタクシーを推奨する最大の理由です。

大手タクシー会社の日本交通さんのタクシー料金は以下の通りです。

 

距離制運賃 初乗 1.052km

410円

加算 237m毎に

80円

時間距離併用運賃 時速10km以下で走行した場合90秒毎に

80円

時間制運賃 初乗 60分まで

4,650円

加算 30分毎に

2,110円

迎車回送料金 1台につき

410円

時間指定予約料金 1台につき

410円

深夜・早朝割増 22:00~翌5:00まで

2割増

割引運賃 遠距離割引 9,000円を超える金額について

1割引

障害者割引 乗車した区間の運賃について

1割引

by 日本交通

 

タクシーで一般道を走行する場合、距離に応じた運賃(距離制運賃)と時間に応じた運賃(時間距離併用運賃)の両方がかかります。

信号待ち等で止まっている間も、タクシーのメーターが上がっていくのは、この運賃ルールによります。

※高速道路走行時は時間距離併用運賃は適応されません。

 

検索サイトのジャパンタクシーの料金シミュレーションは、距離制運賃だけではなく、時間距離併用運賃が加算された金額がシミュレーション結果に反映されていると思われます。

「思われます」というのは、実際にその旨がジャパンタクシーのサイトに記載されているわけではないく、私の推測だからです。

 

実際に料金をシミュレーションしてみましょう。

試しに、東京都庁から荻窪までのタクシー料金を検索してみます。

 

まずは、「ジャパンタクシー」

 

 

つぎに、グーグルでの「タクシー 料金シミュレーション」の検索結果第2位の「ナビタイム」

 

ほぼ、青梅街道まっすぐの単純な道なので、距離と所要時間は両者ともほぼ同じです。

 

一方で、料金に640円の差が出ています。

これが、時間距離併用運賃を考慮するかしないかの差です。

 

都庁~荻窪の距離約8.0kmを距離制運賃のみで計算すると、

初乗:1052m → 410円

加算:8000m-1052m=6948m 6948m÷237m≒29 → 29×80円=2320円

計:410円+2320円=2730円

 

ナビタイムのシミュレーション結果と同じです。

つまり、ナビタイムは距離制運賃のみで料金を計算しています。

 

一方で、ジャパンタクシーの料金は差額640円分の時間距離併用運賃を加算していると思われます。

つまり、ジャパンタクシーは所要時間のうち、

640円÷80円=8 8×90秒=720秒 → 12分は時速10km以下で走行していると想定しています。

 

東京都市部の下道は信号だらけです。

その多さは世界一です。

場所、タイミングにもよりますが、所要時間の半分くらいは信号待ちの時間といっていいかもしれません。

とすると、ジャパンタクシーのはじき出した12分は所要時間25分に対して、妥当な時間といえると思います。

 

一方で、ナビタイムのはじき出した料金は、

「赤信号に一度も引っかからない」限り、通常のタクシーでは不可能な料金です。

新宿から荻窪まで、下道で信号に一度も引っかからないなど、奇跡としかいいようがありません。

 

よって、検索サイト「ジャパンタクシー」の料金シミュレーションの方が、実際のタクシー料金に近いです。

 

ちなみに、他の料金検索サイトも何種類か見てみましたが、私が見た限りでは、他の検索サイトでは時間距離併用運賃を考慮していない、つまり、距離のみで料金を算出しているようです。

 

特に信号や渋滞だらけの都内の下道をタクシーで走る場合、時間に応じた運賃を考慮するかどうかは、かなり大きな要素だと思います。

 

理由② 検索ルートが実際のタクシードライバーが選択するルートに似ている

ジャパンタクシーでは、ルート検索にグーグルマップを利用しているようです。

グーグルマップのルート検索機能は、数あるナビアプリのなかでも最強クラスの性能だと思います。

つまり、タクシードライバーが好き好んで使うような奇抜な抜け道を積極的に提案してきます。

 

【グーグルマップが提案してくる抜け道の例】

【図解】都内の使える抜け道 (西麻布→表参道) 使える度:★×5

こんな方におすすめ 時間帯・交通状況問わず都内で使える抜け道を知りたい 狭い道でもいいからとにかく1分、1秒でも早く行ける道を知りたい マニアックな抜け道で彼女にカッコいいところを見せたいw 東京23 ...

続きを見る

 

よって、ジャパンタクシーの検索ルートは実際のタクシードライバーが選択するルートに似ているので、料金も実際に近いものになると思われます。

 

シンプルで見やすく使いやすい

ジャパンタクシーは料金シミュレーション機能だけでなく、デザインも他の検索サイトと比べてシンプルで見やすく使いやすいと思います。オススメする理由の一つです。

・タクシー料金検索 - JapanTaxi(ジャパンタクシー|旧:全国タクシー)

 







 

↓「このブログはつまらない。他のタクシードライバーのブログも見たい!」と思ったらクリック


ドライバーランキング

各所の効率の良い流し方

①銀座・新橋・東京駅

②赤坂・六本木

コロナ休業中の小遣い稼ぎ

その①

その②

その③

-タクシー利用者の方へ

Copyright© 東京タクシー情報 , 2020 All Rights Reserved.