営業情報

夜日勤で稼ぎやすい曜日 休むべき曜日【データ分析】 

投稿日:2018年11月15日 更新日:

どうも、東京の新人タクシードライバーです。

今後、出勤する曜日を決めるための参考として、夜日勤(夜勤)の営業データを集計して分析してみました。

 

※売り上げ自体がしょぼいのは、私の力不足ですw

 

営業データ

曜日別に各営業データを集計、平均値は以下の通りです。

 

曜日 売上(税込) 時間単価 客単価 労働時間 営業回数
34,408 4,419 2,770 7:48 12.4
34,903 4,619 2,830 7:34 12.3
37,101 4,560 2,557 8:07 14.5
38,313 4,958 2,809 7:44 13.6
44,035 5,009 2,804 8:47 15.7
35,580 4,234 2,115 8:24 16.8
31,230 4,350 1,889 7:08 16.5

※夜日勤を始めた8月度から11/14までの全営業データを集計

ただし、盆連休、連休中日の日曜日、月~金の祝日のデータは除外

※労働時間は出庫~帰庫時間のうち、日勤の休憩時間1.5Hを引いたもの

 

考察

売上(税込)

給料に直結する項目です。

やはり金曜日がダントツで売り上げがよいです。2番手の木曜日に6,000円くらいの差をつけるダントツっぷりです。

木曜日の次にいいのが土曜日です。土曜日は遅くまで(早朝まで)人がいるので、労働時間も長めなのが要因です。

月曜から徐々に上がり、金曜日でピークを迎え、土・日と下降する感じです。

ワーストは予想通り日曜です。

 

時間単価

営業効率の指標の一つ、時間単価。

売上(税込)を労働時間で割った値です。

 

これも、僅差ですが金曜日がトップです。

続いて木曜日。

さらに火、水、月、日、と続き土曜がワーストです。

 

客単価

もう一つの営業効率の指標、客単価。

売上(税込)を一日の営業回数で割った値です。

 

やはり、平日が単価がいいです。

水曜を除いた平日はほぼ横ばいです。

一般的に金曜日は客単価が低いと言われていて、実際、そんな気がしていましたが、

データを見ると私の場合はそうでもないようです。

 

土日、特に日曜は恐ろしく単価が低いです。

 

労働時間

出庫~帰庫時間のうち、休憩時間1.5時間を引いたものです。

やはり、遅くまで(朝まで)人が多い金、土は比較的遅くまで営業しているようです。

その他の曜日は、街が終わったと思ったらさっさと帰庫するので労働時間は短めです。

 

 

営業回数

一日の営業回数です。

客単価の低い土日が多めです。

客単価の比較的高い金曜日(私の場合)も営業回数が多いのは、他の曜日に比べて営業時間が長いからです。

逆に月、火が営業回数が少なめです。

 

稼ぎやすい曜日

売上、時間単価、客単価、どれを取ってもバランスよくぶっちぎりに稼ぎやすいのは、

金曜日です。

ただし、このデータには表れない、他のタクシーによるストレスは金曜日が最も多いかもしれません。

 

次に稼ぎやすいのは木曜日でしょう。他のタクシーが少な目で単価がいいので、私は木曜日が一番好きです。

次が火曜日か水曜日。私はタクシーの少なめな火曜日の方が好きです。

 

 

【稼ぎやすい曜日BEST3】

1位:金曜日

2位:木曜日

3位:火曜日 or 水曜日

 

休むべき曜日

売上、時間単価、客単価、どれを取っても微妙でぶっちぎりに稼ぎにくいのは、

日曜日です。

ただし、道が一番空いているのも日曜日なので、ストレスは最も少ないかもしれません。

 

次に休むべき曜日は、土曜日と月曜日で悩ましいです。

売上だけを見れば土曜日の方が月曜日より多いですが、単価、特に客単価は月曜日のほうがいいです。

効率重視で考えれば土曜日を休んだほうがいいです。

土曜日休みの方がプライベートの予定も合わせやすいですし。

 

ただ、平日では夜いまいちな場所でも土曜日は盛り上がることがあるので、

非日常を味わいたいときは土曜日に出るようにしますw

 

【休むべき曜日BEST3】

1位:日曜日

2位:土曜日

3位:月曜日







 

↓「このブログはつまらない。他のタクシードライバーのブログも見たい!」と思ったらクリック


ドライバーランキング

各所の効率の良い流し方

①銀座・新橋・東京駅

②赤坂・六本木

コロナ休業中の小遣い稼ぎ

その①

その②

その③

-営業情報

Copyright© 東京タクシー情報 , 2020 All Rights Reserved.