世界のタクシー

タクドラの休日 in タイ②(乗車拒否からの行先聞き間違え)

投稿日:2019年1月18日 更新日:

以下の記事の続きです。

タクドラの休日 in タイ①(空港から安くタクシーに乗る方法)

9連休を取り、骨休めに東南アジアに来ています。 タクシードライバーは他職種に比べて休みが多い(同じ収入を得るなら)とは決して思いませんが、 好きな時期にまとまった休みは取りやすいと思います。 &nbs ...

続きを見る

 

追加料金削減のため、ドンムアン空港出発ロビーの降車場からタクシーを拾います。

 

 

3台連続で乗車拒否

バンコクでは黄色と緑色の車体のタクシーは個人タクシーです。

我々、無知な外国人にとって現地の個人タクシーは「百害あって一利なし」と思いますので、

黄色と緑色の車体は避けて法人タクシーに声をかけていきます。

 

 

 

1台目:乗車拒否

2台目:乗車拒否

3台目:乗車拒否・・・

 

全員、停まって話は聞いてくれるのですが、

行先の「BTS Nana(電車のナナ駅)」を告げると、乗車拒否されます。

 

なぜだ。

 

ドンムアン空港からナナ駅は東京でいえば、羽田空港から六本木くらいの距離はあります。

待ち時間なしでそこそこの距離を中心部に向かえるのだから、東京のタクシードライバーであればよろこんで乗せると思うのですが、

我々とは感覚が違うようです。

恐らく、夕方の中心部の渋滞を避けたいからでしょう。

 

 

 

4台目:

ピンクのタクシー。ようやくOK。

行先とメーター料金で行くことを確認し乗車。

 

 

 

行先聞き間違え

 

オッサンのドライバー。英語はまったく通じない。

国際線の乗り場に待機しているドライバーであれば「え?」と思いますが、

前の客から空港に連れてこられたタクシーなので文句は言えません。

とりあえず最短で目的地まで行ってもらえれば・・・

 

バンコクのタクシーは初乗り35バーツ(約105円)。安い。

 

こちらから、高速利用を指示。

ちなみに、高速料金は料金所通過時に現金で支払います。

 

 

130km/hくらいで快調に飛ばします。

 

しかしここで問題発生。

迂回防止のため、グーグルマップのナビをチェックしていましたが、

なぜかタクシーが最短ルートを外れました。

中の渋滞を回避するためか?と思いしばらく様子をみましたが、一向に高速を降りず、目的地とは別の方向に進み始めました。

 

運転手に目的地を再確認すると、ここで原因が判明。

 

運転手は「BTS Nana(ナナ)」「BTS  Bang Na(バンナ)」と聞き間違えていました。

Na違いです。

 

 

東京でいえば、「人形町」を「神保町」と聞き間違える感じでしょうか。

私も聞き間違えそうになったことがあります。

 

ちなみに、六本木から「錦糸町」を「警視庁」と聞き間違え、「警視庁」の前まで進行しましたが、ほぼ「錦糸町」までの通り道だったためそのまま「錦糸町」へ進行し事なきを得たことはあります。

復唱はしていたのですが。

 

 

話を戻します。

 

今回の運転手も一応2回くらい復唱はしていました。

それを聞き間違えた私にも責任はあります。

私もタクシードライバーです。

こんな感じになっちゃったときのドライバーの気持ちはよくわかります。

 

東京で例えるなら距離的には、羽田空港から六本木に行くはずが、そのまま首都高1号線を北上し上野くらいまで行っちゃう感じでしょうか。

こんなとき、お客様は神様の東京というか日本だったらタクシードライバーが泣くことになるんでしょうね。

 

一瞬、感情的になりそうになりましたが、

今回は私にも責任があるので、こちらが泣くことにします。

過ぎたことを悔やんでも仕方がないので、最短で目的地に到着する方法を考えます。

 

目的地のナナ駅はかなり通り過ぎてしまっていました。

下道は大渋滞なので、最寄りのBTSの駅「エカマイ」に行くよう指示します。

 

料金は240バーツ。(最短でナナまで行ってれば180バーツくらいか)

さらにここからナナ駅まで電車の料金がかかりますので、かなりの損失です。

 

【教訓】

よほど発音と聞き取りに自信がない限り、外国人がナナ駅を口頭で指示するのは辞めたほうがよさそう。(スクンビット ソイ○○ か 地図で指示したほうがよさそう)

 

③へ続く







 

↓「このブログはつまらない。他のタクシードライバーのブログも見たい!」と思ったらクリック


ドライバーランキング

各所の効率の良い流し方

①銀座・新橋・東京駅

②赤坂・六本木

コロナ休業中の小遣い稼ぎ

その①

その②

その③

-世界のタクシー

Copyright© 東京タクシー情報 , 2020 All Rights Reserved.