営業情報

【新人向け】高単価な客が多い場所を探す効率のよい方法【ホテル・飲食街編】

投稿日:2019年4月30日 更新日:

「△△にはいい客がいる」

そんな人から聞いた情報を参考に、日々タクシーの営業されている方は多いと思います。

また、適当に流していて、たまたま高単価な客が乗ってくることもあるでしょう。

 

しかし、高単価な客が乗ってくる場所には何かしらの理由があります。

そこで、その理由から逆算し、高単価な客が多い場所を「主体的」に「効率よく」探す方法を、今回は「ホテル・飲食街」について紹介します。

いずれも、私が実践していた方法です。

 

ホテル

 

高単価な客が多くいるホテルの条件は、以下と考えます。

 

・宿泊費が高い

・主要駅にごく近い

・客室数が多い

 

また、時間帯でいうと、「早朝」がもっとも単価がよいです。

その理由について以下、説明します。

 

宿泊費が高い

宿泊費が高いということは、単純に考えて「金銭的に余裕がある宿泊客」の割合が多いです。

よって、必然的に「最終目的地までタクシーを利用する客→高単価な客」の割合も多いと推測します。

 

この「宿泊費が高い」ホテルを探す具体的な方法は以下です。

ホテル検索サイトを利用します。私の場合は「agoda」というサイトを利用しました。

PC版サイトを例に説明します。

 

①都市・日付を入力

検索したい都市と日付、人数を入力。

ここでは、以下とします。

都市:東京

日付:適当ですが、なるべく検索日から開けた日付(直後だと空室がなく検索不可のおそれ)

人数:大人2名

 

②マップを表示

検索結果画面の「マップを表示」で地図に料金を表示させます。

 

③価格帯を入力

「安宿」を排除するため、「1泊当たりの料金を指定」で宿泊費を指定します。

ここでは、下限値を15000円とします。

 

すると、宿泊費が15000円以上のみのホテルの金額がマップ上に表示されます。金額が高ければ高いほど高単価な宿泊者の割合が多いと考えてよいと思います。

 

主要駅(バスターミナル)にごく近い

例えば、宿泊客のホテルからの最終目的地が「成田空港」とします。

その中で、ホテルからタクシーを利用する宿泊客は以下の2パターンです。

 

①ホテルから直接タクシーで成田空港へ行く

②ホテルから最寄り駅・バスターミナルまでタクシーで行き、鉄道・バスを乗り継いで成田空港へ行く

 

この場合、①に当たれば超ラッキーです。

②に当たると残念な感じです。

 

そこで、②に当たる確率を最小とするホテルが、

「主要駅またはバスターミナルにごく近いホテル」です。

 

主要駅・バスターミナルにごく近い(目安としては徒歩3分以内くらい)ということは、スーツケースなどの荷物を持った宿泊客でも、「徒歩」でそこまで行く可能性が高くなります。

よって、「高単価な客」に当たる確率が上がります。

 

上記の「宿泊費が高い」ホテルの中から「主要駅・バスターミナルにごく近いホテル」を探してみてください。

 

客室数が多い

いくら高単価な客の割合が多いホテルでも、客の絶対数が少ないと、それはギャンブル性がかなり高くなります。

 

客の絶対数が多い、つまりタクシーの流れがよいホテルとは?

単純に考えて「客室数が多いホテル」です。

 

「客室数が多いホテル」は以下のリンクより参照できます。

日本の大規模ホテル一覧

 

早朝

公共交通機関では最終目的地に到着できない、かつチェックアウト客が出始める時間帯。

「早朝」が最も高単価な客の割合が高くなる時間帯と考えます。

 

 

答え→品川プリンスホテル

もう、自分で探すのが面倒くさいので答えを教えて、という人のために・・・

上記の条件をそれなりに全て満たすホテルとは・・・

これは、あくまでも「例」ですが。

東京のタクシードライバーなら誰でも知っているホテル。

 

答えは

「品川プリンスホテル」

です。

 

これは、理屈だけで出した答えではなく、

実際の検証を踏まえた答えです。

 

確かに、他のホテルと比べてもタクシーの流れが非常によく、待機時間が短めです。

※待機場所が4台?を超えると入場制限がかかります。

 

品川プリンスホテルから羽田・成田空港へ行く場合は、

多くの人は歩いて品川駅まで行き鉄道で行くか、ホテルからリムジンバスを利用するでしょう。

タクシーで品川駅まで行く人はごく少数です。

(実際、品川プリンス→品川駅という話を聞いたことがあるので、可能性ゼロとは言い切れない)

 

ちなみに、元旦の早朝(実際には1月2日の早朝)、こちらから「成田空港」へ行かせていただきました。

ありがとうございます。

 

飲食街

単価のいい客が多い飲食街は以下と考えます。

 

食事代が高い

あたりまえですが、食事代が高い、いわゆる高級店はお金に余裕がある客の割合が高いです。

よって、「タクシーで直接自宅まで帰る」客の割合が高いと考えます。

 

食事代が高い飲食店が多いエリアを探す方法、私が実践していた方法は以下です。

 

飲食店検索サイトを利用します。私の場合は「食べログ」を利用しました。

今回はPC版サイトで具体的な方法を説明します。

 

①エリアを入力(今回は「東京」)

 

②「このエリアを地図で見る」をクリック

 

③「検索条件を変更」をクリック、予算の最低値を適当な値にする(今回は15000円)

 

④地図に店の場所が表示される

 

こんな感じで「高級店」の分布がわかります。

地図を移動し、「高級店」の多いエリアを探してみてください。

 

自分のまだ知らない新しいエリアを発見できるかもしれません。

 

高速へのアクセスがよい

高速道路の入り口が近くにある、アクセスが良い場所で乗せれば、

高速利用の確率が上がり、「時間単価」が良くなります。

 

具体的に、東京都内で最も全方面への高速のアクセスが良いエリアは、

以下の「都心環状線」および「八重洲線」「東京高速道路」に囲まれたエリアとその周辺と考えます。

 

 

つまりは、新橋~東京駅周辺のエリアです。

 

平日夜

曜日と時間帯でいえば、平日の夜、さらにいうと、火~木曜の20-23時くらいまでの時間帯が高級飲食店から出てきた客を狙うのに一番いいと思います。

理由は、「郊外の自宅にタクシーで直接帰る接待客」が最も多い時間帯だからです。

 

答え→銀座周辺

なんだかんだで圧倒的に「平日夜の銀座周辺(八重洲・銀座・新橋)」です。

乗車禁止ルールなど、他の場所より覚えることも多いし、タクシーも多いので敬遠しがちですが、

それ以上のリターンがあります。

 

 

しかし、中途半端な場所に行った帰りや、銀座周辺が詰んでいるときなど、その他の高単価エリアによってみるのも一つの手です。

 

 

その他エリアでいえば

・赤坂

・六本木

・西麻布

・荒木町(四谷三丁目)

・人形町

・神楽坂

・浅草

 

などです。

 

その他、おいしい場所はまだまだあると思いますので、上記の方法を参考に探してみてください。







 

↓「このブログはつまらない。他のタクシードライバーのブログも見たい!」と思ったらクリック


ドライバーランキング

各所の効率の良い流し方

①銀座・新橋・東京駅

②赤坂・六本木

コロナ休業中の小遣い稼ぎ

その①

その②

その③

-営業情報

Copyright© 東京タクシー情報 , 2020 All Rights Reserved.