タクシードライバになる

サラリーマンからタクシードライバーへ転職する前にやるべきこと

2020年2月17日

こんな方におすすめ

  • サラリーマンからタクシードライバーに転職を検討している人

実際に私がサラリーマンからタクシードライバーに転職するにあたり、「やっとけばよかった」と後悔したこと、「やっといてよかった」と思ったことをお伝えします。

 

クレジットカードを作っておく

サラリーマンからタクシードライバーに転職するすべての人に最も強くオススメしたいことが「クレジットカードの作成」です。

タクシードライバーになってからでもクレジットカードは作れます。作れることは作れるのですが、審査に通りにくくなります。

 

安定した収入が得られるサラリーマンは、クレジットカード作成に有利です。

実際、私はサラリーマン時代、クレジットカードの審査に落ちた記憶がありません。

しかし、タクシードライバーに転職後、クレジットカードを作ろうとしたところ、審査に落ちることが非常に多くなりました。

(実際、私がタクシードライバーに転職後、42枚のクレジットカードの審査を受け、14枚が失格。つまり1/3が審査に落ちました。

 

なので、サラリーマンからタクシードライバーに転職を考えている方は、会社を辞める前に作れるだけクレジットカードを作っておいたほうがいいです。

個人的にオススメのクレジットカードは以下。

・ポイント還元率が高い ⇒ 楽天カード

・Suicaオートチャージでポイントたまる ⇒ ビュー・スイカカード

・海外旅行保険が自動付帯 ⇒ エポスカード

 

なお、クレジットカード作成は、ポイントサイト経由がお得です。

クレジットカード会社のサイトから直接申込でもカード会社のポイントが付くことがありますが、ポイントサイト経由で申し込めばそれとは別にポイントサイトのポイントが付きます。

そのポイントは現金化可能です

私はポイントサイト経由のクレジットカード作成で合計約16万円をゲット。1枚平均で約6000円です。

 

クレジットカード作成でもらえるポイントが高く、オススメのポイントサイトは「げんたま」です。

現金化までの手順は、

げんたまに登録(無料)

げんたまのサイトからクレジットカード検索

③クレジットカード申込

④ポイントゲット

⑤ポイントを現金化

 

ポイント目的なら、以下の条件のクレジットカードから作成していくと効率がいいです。

・もらえるポイントが多い

・年会費無料

・カード作成のみでポイントがもらえる(カードを使う必要なし)

 

最低限の資金は確保しておく

サラリーマンからに限らず、タクシードライバーに転職する際には最低限の生活費は確保しておいたほうがいいです。

 

タクシー会社の求人案内にありがちな文言が

・二種免許費用全額負担(約20~30万円)

・入社祝い金贈呈(数万円~数十万円)

ですが、ほとんどのタクシー会社では一定期間内に会社を辞めた場合は返金する必要があります。

ある意味、タクシードライバーになった瞬間に数十万円の借金を背負うようなものです。

 

タクシーを始めてみたが、タクシー会社が合わなかった、タクシードライバー自体が合わなかったということは割とあるとおもいます。

この「借金」があるがために、タクシー会社を辞めたいが辞められない、ということにならないためにも、タクシードライバーに転職する前にはある程度の生活費のあてが必要です。

 

前述のクレジットカードポイントは一つの資金調達の方法です。

 

タクシー会社選びはある程度慎重に行う

タクシー会社は無数にありますが、会社選びを適当にやると後悔する可能性が上がります。

せっかくタクシードライバーの素質がある人でも、会社選びを失敗して、その才能を開花することなくタクシードライバーが嫌になり辞めてしまったらもったいないです。

タクシー会社選びはある程度慎重に行ったほうがいいです。私は複数社の説明会・面接に参加し、その中から慎重に選んだ結果、「会社やタクシードライバーが嫌になって辞める」ことにならずに済みました。

 

かといって、会社選びに慎重になりすぎても、実際入ってみなければわからない、ということも多いので、ある程度の割り切りは必要です。

タクシー会社選びのポイントは以下。

東京で稼ぐためのタクシー会社選びのポイント

 

【DiDi期間限定】タクシーが2回無料になるキャンペーン【総額4000円割引】

【内容】
コード「DDNEW21」入力で2000円分×2枚のクーポンGET!
※DiDi初回利用の人限定

【キャンペーン期間】
2021年5月20日(木)00:00〜終了日未定

【対象エリア】
北海道、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄

DiDi(ディディ)-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ

DiDi(ディディ)-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ
開発元:DiDi
無料
posted withアプリーチ

 



おすすめ記事

1

タクシーに安く乗る方法を網羅的に紹介します。 もくじ(文字タップで移動)タクシーアプリで安く乗る(割引クーポン等)アプリの割引クーポンを使う(一番おすすめ!)期間限定キャンペーンを使う【DiDi】タク ...

タクシー アプリ おすすめ 2

こんな方におすすめ タクシーをアプリで呼びたいすべての人 2021年現在、日本で使える主なタクシーアプリは以下です。 GO(旧MOV+Japan Taxi) DiDi S.RIDE Japan Tax ...

呼び方 3

こんな方におすすめ タクシーを呼んだことが無い タクシー会社の連絡先がわからない 上司にタクシーを呼ぶように頼まれたが呼び方を知らない こんなタクシー初心者のために、タクシードライバー経験者の筆者が、 ...

陣痛 4

陣痛タクシードライバー経験者が 陣痛タクシーの使い方や料金 各エリアの陣痛タクシー 陣痛タクシーの実態とおすすめのタクシー配車方法 陣痛タクシーの口コミ/プレゼント情報 など、陣痛タクシーの情報を網羅 ...

深夜 5

こんな方におすすめ タクシーの深夜料金について知りたい人 深夜タクシーがつかまりにくい状況でタクシーに乗る実用性の高い裏技を知りたい人 東京の元夜勤タクシードライバーが実際の経験をもとに解説します。 ...

6

こんな方におすすめ GOをはじめて使う人 GOを使いこなしたい人 GOの裏技を知りたい人 各種クーポンでお得に乗りたい人 【参考】GO以外のおすすめ配車アプリ ①S.RIDE S.RIDEのGOより優 ...

-タクシードライバになる

© 2021 タクシー情報