タクシーを使う

猫はタクシーに乗れるか?乗せる方法と注意点

こんな方におすすめ

  • 猫と一緒にタクシーでペットショップや動物病院へ行きたい
  • 猫をタクシーに乗せる方法を知りたい

無類の動物好きで、タクシードライバー時代に何度も猫をタクシーに乗せたことがある筆者が解説します。

 

猫はタクシーに乗れるか?

可能です。

実際にタクシードライバーとして何度も猫を乗せたことがあります。

「猫をタクシーに乗せてはいけない」という規定はありませんし、タクシー会社からも猫の乗車についての指導はとくにありませんでした。

 

また、犬と比べて猫は体が小さく、鳴き声も小さい場合が多いので、比較的タクシーに乗せやすいと思います。

 

猫が乗車拒否されるケース

しかし、猫の状態やドライバーの判断により乗車拒否されることもあるので注意が必要です。

猫をタクシーに乗せるかどうかは基本的にはドライバーがその場で判断します。

一応、各タクシー会社には動物を乗せる際の基準のようなものがあるようですが、多くのドライバーはその基準を知らないと思います。

 

「猫だから」という理由では乗車拒否できませんが、以下の場合は法令により正当に乗車拒否ができます。

タクシーの乗車拒否についての詳細は>>タクシーの乗車拒否の理由・予防・対策を見てください。

 

車内を汚す恐れがある

猫をキャリーバッグに入れていないなどの場合は、毛や糞尿で「車内を汚す恐れがある」とみなされ乗車拒否されることがあります。

が、あくまでもドライバーの判断によるので、キャリーバッグなどに入れてなくてもそのまま乗れる場合もあります。

 

・毛の量が少ない猫

・おとなしい猫

・短距離乗車

であれば、そのまま乗れる可能性は上がります。(実際に、私もドライバーとして猫をそのまま乗せたことがあります)

緊急時やキャリーバッグの用意がない場合は、ドライバーにそのまま乗せられるか聞いてみる価値はあります。

 

安全運転に支障をきたす

落ち着きのない猫や車内で暴れる猫をキャリーバッグに入れてないなどの場合は、「安全運転に支障をきたす」とみなされ乗車拒否されることがあります。

こちらも、あくまでもドライバーの判断によります。

 

感染症に感染している

猫が明らかに感染症に感染している場合は、乗車拒否できます。

 

猫をタクシーに乗せる手順

①一般のタクシー

②ペット専用タクシー

に分けて、猫をタクシーに乗せる手順を解説します。

 

一般のタクシー

一般のタクシーの特徴

普通に街中を走っているタクシーです。

一般のタクシーの特徴は以下。

  • 全国どこでもすぐに乗りやすい
  • ペット専用タクシーと比べて料金が安い
  • 猫の状態やドライバーにより乗車拒否される恐れがある

 

準備

以下の準備をすることで、一般のタクシーに乗車拒否されにくくなります。

効果が大きいと思われるものから順に紹介します。

 

キャリーバッグや段ボール箱などを用意

基本的にはこれさえ準備しておけば、ほとんどの一般タクシーに猫を乗せることができるはずです。

毛や糞尿の飛散、猫が車内を動き回ることを防ぎ、乗車拒否の理由を排除できます。

 

犬と比べて猫は小さいので、輸送用の箱がタクシーに物理的に入らない、ということはまずないと思いますが、念のためタクシーのトランクの寸法を紹介しておきます。

 

①セダンタイプ

従来からある車両タイプです。

blog.mychef.jp より引用

 

②ジャパンタクシー

最近増えてきた車両タイプです。

839mm×603mm×295mmのスーツケースを2個積めるので、少なくとも84cm×60cm×60cmくらいまでのキャリーバッグなら入ります。

写真のトランク上部の黒い間仕切りは取り外し可なので、もう少し高さがあってもOKです。

セダンと異なり、トランクと車室に仕切りが無いので猫も飼い主も安心です。

toyota.jp より引用

 

万が一、キャリーバッグやケージがトランクに入らないときは、ジャパンタクシーなら座席を収納して広いスペースを確保できます。

後部ドアの開口幅は72cmです。

くつろぎの空間にご案内。 ゆとりの開口高1,300mm、スムーズに乗降可能な広い開口幅720mm、乗り降りしやすいフロア高320mm

toyota.jp より引用

 

緊急時など、キャリーバッグがすぐに用意できない場合は、段ボールでもOKです。

糞尿の浸透防止のため底にペット用シートや新聞紙などを敷いて、呼吸用の穴を空けておく必要はあると思います。

 

その他

可能であれば、以下の準備をしておくと、より快適にタクシーに乗れると思います。

  • 猫を洗っておく
  • トイレをすませておく
  • ブラッシングをしておく

 

タクシーを呼ぶ

近くにタクシーがいれば、普通に直接乗ってOKですが、近くにタクシーがいないときなどは配車アプリでタクシーを呼ぶのがおすすめです。

理由は以下です。

 

乗車拒否されにくい

アプリ経由の場合、ドライバーが正当な理由なしでキャンセルをすれば、その記録がシステムに残るため不当な理由で乗車拒否されにくいです。

 

ドライバーに猫を乗せる旨を伝えられる(アプリによる)

配車アプリのDiDiでは乗車前にドライバーにメールや通話で「猫を乗せる旨」を直接伝えられるので安心です。

 

車種を選べる(アプリによる)

配車アプリのS.RIDEでは車内の広い「ジャパンタクシー」を車種指定で呼ぶことができます。

 

クーポンで料金が安くなる

DiDiGOは新規登録でタクシー料金が割引になるクーポンがもらえます。

 

各タクシー会社まとめて呼べるので早い

アプリ配車なら提携タクシー会社の車両をまとめて呼べるので、タクシー会社に個別に電話して呼ぶより早いことが多いです。

 

・新規インストールで500円分、さらにコード「mf-5wrkj7」入力で2000円分、計2500円分のクーポンGET!

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi
開発元:Mobility Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

・新規インストール+コード「8474JVZU」入力で1000円分のクーポンGET!

DiDi(ディディ)-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ

DiDi(ディディ)-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ
開発元:DiDi
無料
posted withアプリーチ

 

東京最大級のタクシーアプリ S.RIDE(エスライド)

東京最大級のタクシーアプリ S.RIDE(エスライド)
開発元:Minnano Taxi Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

ペット専用タクシー

ペット専用タクシーの特徴

犬や猫など、ペットの移動に特化したタクシーです。

ペット専用タクシーの特徴は以下。

  • 台数が少ないので、利用エリアが限られる。すぐに乗れない。
  • 一般タクシーと比べて料金が高い
  • ドライバーが猫の扱いに慣れている
  • そのまま猫を乗せることができる場合がある

犬と比べて猫は体が小さく、おとなしいので、一般タクシーにも乗せやすいです。

個人的には猫はペット専用タクシーの利用価値は低いと思っています。

 

準備

基本的には一般タクシーの場合と同じですが、業者によっては

・そのまま猫を乗せることができる

場合があります。

キャリーバッグの準備が不要になる可能性があります。

 

その他の準備は一般タクシーと同じです。

 

タクシーを呼ぶ

各ペット専用タクシー業者に直接問い合わせ、呼ぶ必要があります。

「ペット タクシー 地名」でググってください。

-タクシーを使う

© 2021 タクシー情報